社長のつぶやき日記 VOL3 | 広島県 広島市 南区 中区 南区 東区 西区 安佐南区 安佐北区周辺の不動産をお探しならホライズン 広島 賃貸 検索  賃貸検索  広島賃貸にお任せ下さい。

082-262-7890

営業時間10:00~18:00(1月~4月は10:00~19:00)定休日水曜日

日記
社長のつぶやき日記 VOL3

最近ゴルフ始めました。

どーも木村です☆

絶対やらないといい続けてはや10年

やってみたら面白いもんですなww

スコアより、どれだけ飛ばせるか?

を重視しております。ww

ちなみにうちの社員は350ヤード飛ばします。

ばけものです。頑張っておいつきますww

さて、前回お伝えしたように

1ヶ月で2回人の死に出会った話を

しようと思います。

新卒で入社した木村少年。

わからない事だらけの中、

なんとか一通り覚えた冬。(ちょっと遅いww何ヶ月たっとんねんw)

穴あけパンチで資料の真ん中をあけることすらできなかった春。ww

お客様の所へ訪問して仕事の話せずただ仲良くなって帰っていくだけだった夏ww

そろそろ仕事覚えないと1年たっちゃうじゃん。やばいじゃん と思ってた秋ww

新規の飛び込み営業に出だした冬。

そこで出会ったお客様がいた。

土地探しの案件をとり、ひたすら飛び込みしてた。

やっぱり簡単には売ってくれんなぁ思いながらその日も

20時を迎えた。

営業を教えてくれていた当時の部長から、

終わったと思ってか、らもう1件だけいくのが自分の力になる。

365日続けたら人より365件訪問できる。まずはやってみようと、、、

私は頭がいいわけじゃない、何か人よりできるわけじゃない

だから毎日人より多くまわろうと思っていた。

その日も最後の、最後の1件としてその家のインターフォン

をおした。

奥のほうから声だけ聞こえ、大声で社名と用件を伝えた。

上がってきなさい。

また奥から声が聞こえてきた。

中にいたのはベッドの上で寝ていた高齢の男性だった。(80代後半)

一通り話をさせてもらった。

自分もそろそろ売却しようとおもっていた。

体もよくないから残しておいても仕方ないかなと考えていたと、、

話自体はうまく進んでいった。

体が悪く出迎えれないから、次回きた時には玄関で電話してくれないか?

といわれ番号を交換し、次回の訪問時間を決めて帰った。

週に5日程度ヘルパーさんが家にきて身の回りの事を

していってくれている事、自分で歩くのすら最近難しくなってきたこと。

ぼける前にちゃんと相続する道筋をたてておきたいこと。

色々な話をした。

何度か訪問する度に自分の事を話してくれるようになった。

私自身、もの凄く情がはいっていた。

もちろん、仕事として土地は売却したい。

ただ、ちゃんとして、納得して、その後も手続きも変わりにできることは

全部やってあげたい。と思うようになっていた。

当たり前の事なんだけど、その時は過程よりも結果ばかり

求めていたと思う。でもなんか自分の気持ちに変化がおきていた。

会っていた時間も長かったからかな?

次にくるときは契約しよう。といわれ

その日も帰り、契約書を作成した。

3日後に訪問したけど、返事が無い。

電話をしても繋がらない。

なにかあったのか?

自分ではオロオロしてしまって正常に判断ができなかった。

部長に電話したら、中まで入れ!なんかあったんかもしれんから!

といわれ中にはいると

ベッドの下に転げ落ちているお客様がいた。

かすかな声で 助けてくれ

といっていた。

すぐに体を起こしベッドに横になってもらい、

救急車を呼んだ。

体が凄く冷たかった。

小さな声でおとといの夜からおちて

体がうごかんくなった。ヘルパーさんもちょうどこない日で

もう死んだとおもったわ。有難うと、、、

涙がでそうになった。辛かったし寒かったろうな、もう一日でも早く来ていたら、、、

と思った。

救急車がきて、意識を保ったまま運ばれていった。

1週間経ち、1本の電話が入った。

知らない番号。

はい、木村です!電話にでた。

○○の娘ですが父が亡くなりました。

肺炎になっており助かりませんでした。

木村さんの事を話していたので

お伝えしておきます。

では。

言葉にならなかった。

その日はがむしゃらに飛び込みでまわった。

動いてないとおかしくなりそうで。

その後、娘さんと連絡はつかなくなり、

お父さんが住んでいた家にも何度かいってみたが

誰もいなかった。

1ヵ月後、、、

土地の登記をとってみたら所有者が変わっていた。

誰かに売却されていた。

そんな事よりも、、、

葬式にいって、最後に挨拶したかった。

お父さんは私の何を話してくれたのだろう。

しんどい体でどんな話をしてくれたのだろう。

今になっては、それはわからない。

でも自分が変われた転機でもあった。

利益、利益にならずお客様にまっすぐに向き合い、

自分の一生懸命で還元していく。

次の一瞬で会えなくなるかもしれないから。

22歳冬、ほんとうに悲しかった。

有難うお父さん。

私は頑張ります。

これが1人目の死と出会った話。

ちょっと長くなりすぎたので、二人目の話はいつかしますーー。

打ちすぎた。

次回2人目をしようかとおもったのですが

少し気分が落ちる話続けてもしかたないので

違う事書きます!

次回!!

木村、マンション建築初受注!?~23歳春~

「用はありません。帰って下さい」からの大逆襲!!

【鋼のメンタル木村】折れぬ心が何度も折れた。。。

をお送りします!

乞うご期待☆★

ではでは!

本日の一言

運命よそこをどけ

俺が通る。

投稿日:2020/01/23   投稿者:-